もしも、バー・カウンターの隣に座った誰かが、

「学生の頃が一番楽しかったわ…」と口にしたのであれば、

私は少なからず悲しい気持ちになるだろう。

 

もちろん色々と事情はあるかもしれないが、

子どものころの “きみ” に、大人の君が負けを認めるのは寂しすぎる。

 


続きを読む