【GREEN限定】Leadership-Contents(80:19:1の法則)

※この記事は、2019年10月19日のアーカイブです

※こちらは、QRタイトルを獲得された方専用のアドバンスド・トレーニングです

こんにちは、カフカです。

今回は、hiroakiさんより、リーダーシップ・コンテンツとして、

QRリーダーだからこそ、必ず知っておくべき

組織を持つリーダーの優先順位について、お話をしていただきます。

 

僅か30分ほどの講義ですが、

知恵熱が出るほど、濃密なトレーニングとなっておりますので、

珈琲で目を覚まし、ノートとペンを用意してご視聴ください。

組織を持つリーダーの優先順位

PS

私は先月も、マカオにて現場でトレーニングを受講していましたが、

今回、議題にあがった「80」の意味が、全く理解できませんでした。

なぜ、多馬力が本質のビジネスをしているのに、

トップリーダーも含めて、そこに80も使わなければいけないのか?

 

もしかすると、あなたも同様の思いを持たれていたかもしれませんが

今回のhiroakiさんの説明を聞いて、点と点が繋がったのではないでしょうか。

 

ビジネスの世界に飛び込んでから、

これまで様々な先輩経営者からの教えをいただきましたが、

それはポジショントークであって、本意ではないのではないか?

と思うことが、実は何度もありました。

 

しかし、長きにわたる思考の格闘の末、行き着いた答えは、

誰もが観たいようにしか世界を観れない審美眼を磨き続けなければならない

ということです。

 

今回のトレーニングしかり、

世界を緻密に観ているトレーナーから、真剣に学ぶと、

「フィルターが外れた」と感じさせてくれる瞬間が何度も起こります。

 

目から鱗が落ちすぎて、もう鱗が残ってない!とか、

度肝が抜かれすぎて、もう肝が残ってない!と思いましたが、

知れば知るほど、自分が何も知らないことを思い知らされます…

 

ぜひ、今日のあなたの学びを最大化するためにも、

視聴した感想、質問・疑問を、コメント欄に全力でぶつけてください。

 

引き続き、次のタイトルを目指して、変わっていくことを楽しみ、

最高の環境を整えていけるように、一緒に開拓し続けましょう。

 

講義に関連する参考

講義中「リーダートレーニング」と呼ばれていた、至上最高のトレーニングです。

未だ受講されていないなら、必ず受講することを心から推奨します。

【伝説の講義】Think Globally , Act Locally

コメント

  1. KOSUKE KOSUKE より:

    カフカさん、いつもお世話になっております。
     
    これまでも分かっていて行えていなかった「80:19:1の法則」
    この型を忠実に行うために明確なルールを定めていき、
    プリコミットメントを立てて徹底していきます。 
     
    1年以上も前にこの法則は知っていましたが、
    多くの経験から今はこの言葉の重みをものすごく感じます。
     
    まずは「80:19:1」を日々の活動時間に落とし込み、
    それぞれ何時使うべきなのかを算出していき、まずは行動していきます。
    そして、この法則の意味を動きながら考えて、結果を出すと共に理解を深めていきます。
     
    引き続きよろしくお願いいたします。
     

  2. HidekazuOnishi HidekazuOnishi より:

    カフカさん
    Hiroakiさん

    システム上も Green認定を受け、参加1年でようやくこの動画を見ることができました。
    先週からメンバーさんのサポートに力を入れていましたが、
    僕自身の勢いが若干衰えていることを感じていました。

    動画を見て、もしかしたら勢いがなくなった理由はこれかもしれない・・・

    と感じ、リクルートの比率を増やすことを決めました。

    何が起こるか楽しみです。

  3. Makoto Makoto より:

    カフカさん、hiroakiさん
    貴重なトレーニングをありがとうございました!
    リクルートこそ最大のフォローである。
    まさしくその通りで目から鱗が雪崩のように零れ落ちていきました!
    本質を捉えてそこにリソースを注ぐ事で無駄な作業を省く、常に意識していないとすぐに陥ってしまいそうなので今回の講義を魂に刻み込みます。
    成果が出せる空気感が成果に繋がる最短ルートであり、その空気感をまずは作り出す事を今後のリクルート活動やサポート活動においても意識していきたいと思います。
    物凄い学びをありがとうございました!

  4. hiro hiro より:

    カフカさん、hiroakiさん素晴らしいトレーニング動画を作ってくださりありがとうございました。

    今回メインで話されていた「80:19:1の法則」は僕は初めて知りました。
    ですが、たとえ僕がこのトレーニングをマカオで受けていたとしても、僕の理解は最初hiroakiさんが説明していた、80をリクルート活動、19をメンバーサポート、1を問題解決に充てるというところで止まっていたであろうことは容易に想像できます。

    hiroakiさんの、その法則がわかりやすく説明されているだけに意味が抜け落ち散る部分があるという視点、そしてその真意まで迫る解像度の高さというか理解度の高さには驚きを隠せません。

    「リクルートは最大のフォローである」という言葉の意味を知ることができ、非常に運がいいなと思います。
    リクルートには新規参入者が入ってくる以外のメリットがある。
    リクルートをすることで、場の空気が作れ、それはメンバーサポートにもポジティブに作用し、さらには問題解決にもつながる。

    最小限のリソースで最大の利益を生み出すことが最大命題のリーダーにとっては、機会費用を最小限に小さくする必要があるということが深く理解できました。

    今回の動画は学びが多すぎるだけでなく、まるで一つの映画のように音声と映像がマッチしていて、より理解しやすいものでした。
    each Brandを反映させていくために、どんどん新規参入者を増やしていきます!

    ありがとうございました!
    Hiro

  5. hidemichi hidemichi より:

    Hiroakiさん
    とても有意義な講義をして頂き、大変参考になりました。
    2020年8月よりQRになりました。黛と申します。
    80:19:1の法則について
    恥ずかしながらこの法則を初めて拝見したのですが、今回の動画でその真意を理解出来ました。
    『リクルートこそ、最大のフォローである』
    リクルートには、リクルートした以上の意味がある。場の空気が変わる。勝算のセルフイメージを環境に働き掛ける事が出来るなど、正のスパイラルを起こせることを認識出来たのはこれからの活動の励みになります。また、クレーム処理などの対応も相対的に減ることも理解出来ました。
    私はどこかリクルート活動は、一定の段階で辞めるものだという認識でおりました。その為、QRになって気付いたらリクルート活動への比重を落としてしまってました。ですが、世界のトップリーダーの皆さんはむしろリクルートを挙げ続けているということを知り、私も継続的に成果を出すリクルーターで在り続ける為に日々のリクルート活動に励みます。
    私にとって大きな分岐点となる素敵な動画でした。
    ありがとうございました。

  6. Nobutoshi Nobutoshi より:

    Hiroakiさん

    貴重なトレーニング動画ありがとうございます。

    ぶっちゃけSRになったらリクルートしないでもいいや。
    と思ってましたが、自分本位すぎたなと思いました。

    全体を考えればリクルートを上げる事は良い影響を与えるのですね。

    逆にリクルートを上げなくても良いのは。自分以下のリーダーがしっかり育った時でしょう。

    SRだからやらない。という判断ではなくグループの状態をよく見て判断しようと思いました。

    とりあえず今はリクルートを上げる事が重要という事も再認識しました。

  7. Yuto Yuto より:

    Hiroakiさん
    優先順位についての講義、大変参考になりました。

    「全て同じくらい重要」
    であるのにも関わらず、その中のどれかにより強い意識を持つことで、
    大は小を兼ねることができる。
    これは、日常生活、はたまたこれからの人生において応用の効くものだと感じました。
    子供が尊敬している人の話にしか行動を左右されないように、ビジネスの世界においても背中を見せ続けるというのは一番のTupに繋がりますね。
    「リクルートこそ最大のフォロー」
    今日から自分の中の一つの座右の銘として、日々精進していきたいと思います!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください