北を目指して

もしも、バー・カウンターの隣に座った誰かが、

「学生の頃が一番楽しかったわ…」と口にしたのであれば、

私は少なからず悲しい気持ちになるだろう。

 

もちろん色々と事情はあるかもしれないが、

子どものころの “きみ” に、大人の君が負けを認めるのは寂しすぎる。

 


 

カフカの日記

01.Jun.2018/ カリブ海クルーズ “Carnival Breeze” 展望デッキにて

 

 

「どうです?本場で飲むラムは別物でしょう。」

 

 

これは、私が影響されやすい性格だからかもしれないが、

アイラのシングル・モルトに人々が心を奪われるように、

確かに、カリブ海で飲むラム酒ほど心を打つものはそう無いと思う。

 

 

ロック・グラスの氷を指で転がしながら、私は自分を誇りに感じていた。

なぜなら、南国でカイピリーニャ(ラム酒のカクテルだ)を飲むことは

数年前、大学生の私が抱いていた夢の一つだったから。

 

 

“カリブで飲む本場のラム酒” という一つの事実だけでも、

あの頃の私が聞けば、思わず口笛を吹きたくなるほど満足するだろうが、

そこに素敵な仲間と豪華客船の旅が付いてくるのだから、

もはや彼は私に対して ”ぐぅの音” も出ないだろう。

 

 

「大丈夫、気を落とす必要はないよ。

子どもの “きみ” が、大人の僕に敵わないのはある意味で自然なことだから。」

 


 

思えば学生の頃は、すべてが刺激的で、世界は希望に満ちていた。

しかし今になって振り返れば、不自由で限定的な世界で生きていたように思える。

 

あの頃の私は、予算に計画を合わせ、休日に予定を合わせていたが、

今の私は、計画に予算を合わせ、予定に休暇を合わせることが出来る。

 

 

不自由な過去の私が平日に1ヶ月も旅に出れば、留年という烙印を胸に焼き付けられたが、

奴隷制度から解放された今では、焼印に怯える必要はない。

 

 

デートで会計の度に、ビクビクしていた未熟な青年も、

今では食後のデザート・ワインで、彼女を上機嫌にする小技も手に入れた。

 

 

今回のクルーズ船でも、抽象概念としては理解しているつもりだった

「いくら美味しい料理でも、毎日フルコースは飽きてしまいますよ。」

というテーゼも身をもって理解することができたし、

世界の友人たちと、お酒や音楽を共通言語として楽しむことも出来た。

 

 

年齢を重ねることは記念碑的に素晴らしい。

出来ること、行ける場所、関わる人など、可能性が大きく広がっていくから。

カフカの日記

04.Jun.2018/ ガルベストン・Starbucksにて

 

 

上記のクルーズ船で書いた日記は、解放感と高揚感ゆえに

いささか図式的偏見や修辞的誇張を感じられたかもしれないが、

素直に事実を書いているつもりなので敵意は持たないでほしい。

 

しかし公平を期して伝えると、

私は金持ちの家の出でもなければ、特別な環境で育ったわけでも無い。

 

 

幸運なことに尊敬すべき両親の元に生まれたが、

中流の家庭で育ち、平凡な生活を送り、平均的な公立学校に通っていた。

つまりほとんど “凡庸” という名札を付けて生きているようなものだった。

 

 

そんな私が非凡な生活(少なくとも過去の私から見れば)を送るようになったのは、

年末ジャンボに当選したからでも無ければ、油田を掘り当てたわけでも無く、

もちろんセレブのブロンド美女に貢がせているからでもない。

 

 

意識していることは色々とあるが、抽象的な方向性として3つほど、

“ずいぶん遠回りしてしまった過去の自分” に向けて手紙を書いてみようと思う。

 


 

過去の自分に向けた手紙

学生の “きみ” へ

 

近所の子どもたちに向かって、「夢はなに?」と聞くと

“海賊王” とか、”お姫様” とか、”サッカー選手”とか

文字通り “夢のようなこと” を言ってワクワクさせてくれるけど、

大人になるにつれて狭義的な夢(年に一度の家族旅行とか、老後の船旅とか)

変わっていくことに違和感を感じている頃だと思う。

 

 

でも安心して欲しい。今から伝えることを大切にしてもらえれば、

少なくとも「大人になる楽しさ」は保証してあげられる。

 

 

海賊王になる夢は叶えてあげられないかもしれないけど、

遠くない将来に、世界の海を自由に航海することは出来るようになるよ。

海賊のように自由にラム酒は飲めるし、略奪行為もしなくていいし、誰も傷つかない。

悪くないだろ。

 

 

もちろん具体的なことは、きみ自身で解決しなきゃいけないけど、

これから話す3つの指標は、いわば砂漠における “北極星” みたいなものだから

大きな方向性だけ押さえておけば、時間の問題で目的地にはたどり着けるよ。

 

 

とにかく北を目指して進めばいいんだ。

 

 

「ありきたりな話だ」と、みんなは馬鹿にするかもしれないけど、

僕から伝えられる一番大事なことだから、ちょっと手を止めて読んでもらえると助かるよ。

 

 

1:船を進める方向を決めること

 

人は、”やる理由” が明確にあれば、努力せざるを得ない生き物なんだ。

だから、きみが本当に望む “生き方” を明確に決められるかが重要になってくる。

 

 

船を漕ぎ始める前に、船を進める方向を決めてほしい。」ってことだよ。

 

 

きみが望む理想世界が、”夢のような” なものであるほど、

周りの大人たちが、”最もらしい批判” を口にすると思うけど、

それは彼らの主張であって、きみのそれであるべきではない。

 

 

他の誰でもないきみだけにしか出来ないタスクだから、

目をそらさずに立ち向かって欲しい。

 

 

急いで決める必要はないよ。時間をかけてじっくり考えて欲しい。

そのために休学したっていい。そのくらい重要なことなんだ。

 

 

2:断る勇気を持つこと

 

きみの使える時間には限りがあるから、

何からやるべきなのか?という、優先順位を決めて守るようにして欲しい。

 

 

期末テストや資格試験、就職活動など 

“重要そうに見えるもの” がたくさん現れると思うけど、

きみにとって本当に重要かどうか” を判断して、

時には、断る勇気を持って欲しいんだ。

 

 

生活に不満を抱えている大人たちは、断る勇気を持てず、

他人に提案されるがままに仕事や家庭を決めている人が多いように思うんだ。

 

 

仕事は大企業、老後は年金生活、30までには結婚、新婚旅行はハワイって具合にね。

 

 

少なくとも、きみにはそうなって欲しくはないし、

僕は自分で決めてきた結果、”大人になる幸せ” を感じられているよ。

 

 

3:集中して、船を “漕ぎ続ける” こと

 

天才とは、集中力を発揮した凡人のことなんだ。

そして、才能を発揮できない人たちの共通点は、”一貫性の無さ” にあるんだ。

 

 

彼らは、いつも隣の芝が青く見えていて、お誘いがあるたびに気をひかれている。

まるで、存在しない聖杯を求めて、彷徨っているように見えるよ。

 

 

なにかを続けられない人たちに一貫性や世界観があるとすれば、

それは、”一貫性がない” という意味において一貫していることだし、

“世界観の持ち合わせがない” という文脈において世界観を確立していることなので、

毎年、自ら振り出しに戻しているんだ。僕は不思議に思うよ。

 

 

だから、やるべきことを見つけたなら、それを “続ける勇気” を持ってほしい。

 

 

大丈夫。

9年間も、一貫して学生を続けられた君であれば、決して難しいことではないはずだ。

 

 

僕から伝えたいことは、この3つだけだ。

もう一度言うけど、これは北極星みたいなものだから、

迷ったら空を見て北を目指せばいいんだ。

 

 

僕も引き続き追求するから、一緒に追求していこう。

読んでくれてありがとう!年齢を重ねることを楽しんで。

運営者のコラム

 

Member Login

コメント

  1. mari2 mari2 より:

    eachBrandに乗船したのは2020年の9月でした。当時の私は大分県の工場で派遣社員として働き、毎日繰り返しの日々を送っていました。
    Twitterで沢山の方と交流する中で、シンママ、シンパパの方や経済的困窮で子ども時代を過ごした方が多い事を知り、救済出来るシステムを作ると心に決めました。その次の日、eachBrandの招待レターを受け取った事を、昨日の事のように覚えています。志しは高いものの、課題の多かった私のこれまでの航海は決して楽なものではありませんでしたが、そんな船旅を乗り越えられたのは心強い仲間達のおかげです。
    私のように、大きな志しを持つ仲間たちが全国から集まってきている事に、ワクワクが止まりません!
    まだまだ先の長い航海ですが、明るく楽しく喜んで、突き進みます。素晴らしい記事を、想いを届けて下さりありがとうございました。

  2. hiro hiro より:

    カフカさん、素敵な記事をありがとうございます。

    each Brandに参加してから自分が「どのように生きたいか」をよく考えるようになっています。

    参加してからの変化があまりに大きいので、常に比較対象は「参加する前の僕」になるのですが
    「どのように生きたいか」というテーマを参加する前の僕が考えることはほとんどなかったように思います。

    それは、記事で書かれていた”大人によるもっともらしい批判”や”重要そうに見えるもの”にあまりにも簡単に惑わされていたからです。

    人生と何か?何のために生きているのか?を考えることは、読書感想文を書く前にテーマを決めるようなもので、そもそもそれがわからないと何も始まらない。
    このことにeach Brandに参加して一年経った僕が気づけたのは本当に幸運のように感じます。

    今では社会での当たり前を”当たり前”だと感じ、両親の言うことが絶対であると思っていたあの頃が懐かしく感じます。

    もしかすると、今僕が歩んでいる道は参加する前に歩んでいた道と比べると不安定なものかもしれません。

    しかし、「安定」という言葉の裏には「人生への違和感」という言葉が隠れている時があります。
    どこか満足できない、このままではいけないんじゃないか、と思いつつもそれを変えていけない。
    そんな危険性があるのかもしれません。

    この道は、僕に楽しみを与えてくれ、人生をexcitingなものにし、「生きている!!」という実感をもたらしてくれます。
    これこそが「生きる」ということでしょう。
    そんな生き方ができる人生を僕は選びます。

    ”人生は楽しむためにある”ということをただの言葉としてではなく、腑に落ちるまで理解させてくれたこの記事が目指す世界を一緒に見たいと思います。

  3. ikedaeiji1103 ikedaeiji1103 より:

    こちらの記事再読しました。
    新しい動画の文字起こしをして、腑に落とす作業をしてる時でした。

    以前読んだ時とは全く違います、何かモヤモヤしてたものが晴れました。北極星だと思って見てたものは違う星で、今日やっと本当の北極星を見つけられた気分です。

    ありがとうございます。

  4. yoshitaka0914 yoshitaka0914 より:

    EFの細野です。eachBrandに入会して、もうすぐ3カ月も経つ、この時点で、この記事を読んでいます。
    私も、夢は持っていたものの、それに踏み出せず、3月まで派遣社員で明日の生活の不安を持って生きていました。
    そんな私が北極星を目指して航海を始めた途端、今までのつまらない人生が嘘のように消え、瞬く間に輝かしい人生に変わっていきました。もう戻ろうなんて夢にも思いません。
    航海を始めて8カ月でJOY伊勢原スポーツクラブという総合型地域スポーツクラブの代表理事という立場に立つことになりました。
    好きなスポーツを仕事に。その気持ちに素直になっただけです。
    この航海は一生続きます!来世があるなら来世も続けたいと思える尊いものです。
    一緒に北を目指して行きましょう!よろしくお願いします!

  5. Satoshi0804 Satoshi0804 より:

    satoshiです
    自分の人生にも通じる事です
    今まで 生きて来て何も気づかずに生きてきたのだと 改めて痛感しましたし
    これからの自分の人生にも繋がりますので 前を見ます
    カフカさんに出会い
    みんなと繋がり each brandに入り感謝します
    北を目指して
    進みます

  6. 満結 より:

    一言一言が心に刺さり、自分の中の深いところに言葉が届きました。「続ける勇気」を持つこと。今日、出会った方にも「続けること」の大切さを熱弁して頂き、今の自分にとって大切なことが明確になりました。北をめざして、目印があるからこそそこに向かって突き進めること。1人でも多くの方に光を与えることが出来る人でありたいと思いました。実際に行動あるのみ。ありがとうございます。

  7. takehiro0505 takehiro0505 より:

    カフカさん
    EFの伊藤雄大です。
    こちらの文章、お恥ずかしながらeb参加1ヶ月以上にもなる自分が初めて拝読させて頂きました。
    断る勇気。
    こちら、大変自分には刺さるものがありました。
    なぜなら、自分は昼間の仕事をしていますが、忙しさに追われています。
    が、その全てに従い、結果的には断れていないんだと感じました。
    もちろん、お客様あっての商売なのですが、優先順位が全てそこにしかない。
    それでは、環境も変わらないですし、自分に変えるという意思の無さの表れなんだと感じました。
    これから、北を目指し、北極星となります。
    今回も素敵な学び、そして喜びを与えて頂き、ありがとうございました。

  8. Nobue Nobue より:

    カフカさん、こんばんは。
    久々にこの記事を読ませていただき、また心新たな気持ちになりました。

    今まで、何度となくこの記事を読んできたつもりだったんですが、
    時に弱気になって大海原を一人彷徨う感覚に陥ってしまう自分がいるので、そんな時はここに戻ってきて、3つの指標を確認したいと思います。

    確かに年齢を重ねる事は、できることが増えて可能性が大きく広がってくるので素晴らしい事ですね。
    最近は、あと何年元気でいられるのかな? なんて考えてしまう私ですが、有意義な人生を送れるよう、しっかりと北を目指して進んでいこうと思います。

  9. sayomin sayomin より:

    初めてここを読みました。まだまだ私は、初めてのことばかりで、オロオロしているばかりです。母子家庭になり、2年半、中学生、高校生の今からの子供たちを、育てて行かなければなりません。半分母親、半分父親。そんなことが、器用にできるかわかりませんが。今あるこの現実を。カフカさんのように、夢のような日々に、変えていければと、思っています。よろしくお願いします。ありがとうございます。

  10. Reina.I Reina.I より:

    『迷ったら北を目指せばいいんだ』
    カフカさん
    何度読んでも大好きすぎる記事です。
    初めて読んだ時から数あるコンテンツや記事の中で
    私のなかでは正直、最重要である内容の1つだと感じています。
    難しいことを考えずとも感性や直感に訴えかけて頂いています。
    【3:集中して、船を “漕ぎ続ける” こと】
    私には航海すると決めてから誓ったことがあります。
    それは「どんなに成果が出なくても、迷ったとしても、何があっても船を降りない。」ことです。
    私にとって『迷ったら北を目指せばいいんだ』は、
    その誓いと誓った時の大切な感情を思い出させてくれるお守りです。
    いつもありがとうございます。
    TPTE/玲奈

  11. Yuki Yuki より:

    カフカさん、いつも有難うございます。

    久しぶりにこの記事を読ませていただきましたが、

    「過去の自分に書いた手紙」が、まさに今の私に言われているようで刺さりました。

    今の私にできている事、足りない事が見えた気がします。

    私にとっての北極星を常に見つけて、
    迷ったら北をめざして進み続けていきます。

  12. Yusei.N Yusei.N より:

    改めて記事を読ませて頂きました。

    3つの重要な指標について、改めて考え直してみたいと思います。

    いつもありがとうございます。

  13. 翔平 より:

    カフカさん、素敵な日記を共有して下さり有難う御座います。

    僕は隣の芝が青く見えて、自分の本来の目的を見失い、優先順位までもがんからなくなる傾向にありました。

    〝迷ったら北を目指せばいい〟という言葉が深く刺さり、記事を読んでいるだけで、涙が溢れてきました。

    やっと〝僕の北〟が明確になったので、後は進んでいくだけです。

    自分の軸を大切にしながら継続をしていきます。
    本当に有難う御座いました。

  14. kaori0125 kaori0125 より:

    カフカさん
    ブログ拝読しました。カフカさんがいかに今まで、自分に厳しく「自分の生き方」に忠実に生きてこられたかがひしひしと伝わってきました。
    そして、未来ある若い人は、このように社会の足枷に気づいて自分の生き方を見つけた大人たちがいることに、一番勇気づけられると思います。
    私も、周囲に波風立てずに居心地良く生きていきたいと思ってきました。でも、自分の可能性を最大に生ききることが、生きている意味だと思うように少し変化してきました。今はおぼろげな道標ですが、その先に目指す北極星があることを信じてみようと思います。いろいろ迷っている今、このブログに出会えたことに感謝しています。

  15. maresuke1209 maresuke1209 より:

    11か月前のこの記事から一貫して、迷ったら北を目指せばいい、自分の北極星となるものを見つける、勿体を発揮すると言い続けておられたんですね。
    伝説となるであろう2021.5.30のミーティングをボクは一生忘れることはないと思います。
    ぶれない生き方も日々CODAWARIの中で見せていただいています。
    計画に予算を合わせ予定に休暇を合わせる。
    これまで55年間、予算で計画をし、休めるときに予定を入れていました。
    真逆のことをやってきていました。お恥ずかしいです。
    素敵なお手紙をよませていただきありがとうございました。

  16. Toko Toko より:

    先日のカフカさんによるミーティングで「自分の北極星となるものを持つこと」とおっしゃられていたことがどうしても頭から離れず、再度このブログを拝読させていただきました。

    私の幼少期は、カフカさんの学生時代と少し似ていて、尊敬できる両親の元に生まれ、平均的な生活や考え方のもとに過ごしていました。

    なに不自由なく生活はできていたものの、そんな環境に満足できないまま、大学まで進み、ついこの間まで世間の考え方に縛られたままでした。

    でもどこかで自由になりたくて始めたTwitterで、eachBrandの存在を知り、世界観に魅了され、見えない誰かに背中を押されるようにして参加を決めました。そして、今では両親の意見に左右されていた自分が、反対を押し切ってまで大学を休学し、尊敬できるメンバーさんたちがいる神戸へと居住地を変えました。

    ここに出会っていなかったらきっと世間の常識に縛られた考え方、生き方をしながら、そのまま人生を終えていたと思います。
    そこから解放されたこと、eachBrandに参加をしたこと、その選択をした自分をまずは讃えたいです。

    ですが、eachBrandの本当の目的である、自分の北極星となるものをしっかり持ち、歩み続け、勿体を発揮させるということに、まだ自分は曖昧な部分を抱えています。

    自分がどうしていきたいのか、ぼんやりは浮かんでいるけどはっきりしておらず、北極星があっちこっちにある状態です。

    なので、これからもeachBrandの世界観に触れ続け、そして自分と向き合い続け、本来の自分を開花させていきたいです。

    この環境に出会えたこと、本当に感謝しております。そして素敵なブログにも。ありがとうございました。

  17. sachiko sachiko より:

    カフカさんの日記を読ませていただきました。
    当たり前のように毎日仕事をして、決まった時間に家に帰り、家事をして子供の世話をして、その繰り返し。それも悪くはないですが、時にはカフカさんのように予定に時間や予算を合わせて生活というのもしてみたいのが本音です。
    息子にも将来苦労しないよう学生時代に資格を勧め今の仕事を選択し安定した暮らしをしているようですが、eBに参加して考え方も少し変わり、息子にも色んなことにチャレンジしたり、時には無茶だと言われる事でも自分が思う道があるならそれもいいのかもしれないと思うようになりました。
    人生は楽しんだ物勝ち!諦めたりガマンばかりの生活じゃ生きてるって実感はないので、自分らしく生きれるように私も北を目指してみたいです。

  18. hiro hiro より:

    カフカさん、素晴らしい記事をありがとうございました!

    かなり前に読んでから数か月たった後、また読ませてもらいました。
    数か月前は、ただ表現が面白いなくらいの感想でした。

    しかし、今回読んでみると明らかに学びに富んだ記事で、本当に同じ記事を読んでいるのか疑うレベルでその差に驚きました。

    1つ目の「船を進める方向を決めること」からはリーダーシップの取り方が見えました。
    梯子をかける場所を決めることが仕事であるのと同じで、自分の人生のリーダーシップをとっていくことが大事なんですね。
    そして、これも「地球を救うのに1時間与えられたら、59分間で問題を理解し、1分間で解決する。」ように、その方向を決めることには多くの時間をかけて決める価値があること。
    僕自身、今までのレールから外れて”自分”の人生を歩む決断をしたとき、驚くほどの批判を浴びました。
    時には、自分の決断が大間違いなことなのではないか、と疑う時もありました。
    それでも今ここにいることを誇りに思いますし、これからも自分の人生のリーダーシップをとっていきます。

    2つ目の「断る勇気を持つこと」からは、緊急性ではなく重要性で判断を下す在り方を学びました。
    世の中には緊急性が高いが故に、重要であると勘違いしてしまうものが多くあります。
    それを本当にやるべきなのかどうか、一つ目で決めた軸に沿って判断していく必要があると感じます。
    必要でないと判断したら、勇気をもって断り、自分の人生を歩みます。

    3つ目の「集中して、船を “漕ぎ続ける” こと」からは、継続の重要性が見えました。
    一度、自分の軸を決め、それに沿って優先順位をつけたら、とにかくそれを継続していく。
    自分の人生に一貫性をもって、継続していくことで、集中力を発揮し、天才になれる。
    一度決めたら必ずやり通すことを心に強く持っておきます。

    以前に呼んだ時と比べて明らかに多くの学びを得ることができ、そこから自分の成長を実感できたので、その点もうれしく思いました。

    カフカさんのブログから、こんなに多くの事を学べるのかと気づけたことは本当に大きいです。
    これからも拝見させていただきます。

  19. yasuyosi yasuyosi より:

    迷ったら北を目指せばいいんだ   

    カフカさんの日記を拝読させて頂きました。
    ここで先ず、目に止まったのは、計画に予算を合わせ予定に休暇を合わせる。
    休暇を合わせるは、リタイアした私には、無理なく出来ますが、計画に予算を合わせるは、これからの私の目標になります。
    そして、「天才とは、集中力を発揮した凡人」は、私の勝手な解釈は、「天才とは、努力し続ける人」でしたが、修正します。
    最後の本題の迷ったら北を目指せばいいんだ 私の解釈は、迷ったら、上を目指せ!
    これも、修正します!
    こちらの方が、格好良いですねえ!
    本日も為になる話しをありがとうございます!

  20. kasumi.f kasumi.f より:

    カフカさん素敵な日記ありがとうこざいます。
    「天才とは集中力を発揮した凡人」ときいて、平均で平凡な私も天才になれる可能性はあると思いました。
    日々生活していく中で価値観や優先順位、やりたいことなどは変わっていくものなので行き詰まった時は立ち止まって、本当に自分のやりたいことを探す見つける時間も大切なんだと、ただがむしゃらに進むだけではダメなんだと感じました。
    夢に向かって日々努力します。

  21. YuTa. YuTa. より:

    新しい発見がありましたので、改めてコメントさせていただきます。

    『全てが刺激的で可能性に満ちていたけどそれは狭く限定的』というのは、eachBrandだけでなく別のコミュニティに入って思い知りました。

    eachBrandに死ぬまで関わるという思いを持ちつつも、それ1つに依存するのは
    まさに井の中の蛙大海を知らずだなと思います。

    カフカさんをはじめ多くの方が一つに依存するべきではないと仰ってるのを聞いておりましたが、新しい環境に踏み入れてより深く腑に落ちました。

    また、調和の価値観を持っていたからこそ、eachBrandが良い悪い、別のコミュニティが良い悪いと言った選択的でなく、どっちも大事だし依存こそ避けるべきという発想に至ったのではないかと思います。

    ここで学んだ事は本当に全てにつながっており、インプットしたものの繋がりの基礎になるなと痛感しております。

    だからこそ、eachBrandでの学びを大切にしつつ、この環境を1人でも多くの人に伝えていきたいなと思います。


    『なにかを続けられない人たちに一貫性や世界観があるとすれば、
    それは、”一貫性がない” という意味において一貫していることだし、
    “世界観の持ち合わせがない” という文脈において世界観を確立していることなので、
    毎年、自ら振り出しに戻しているんだ。僕は不思議に思うよ。』

    次にこの部分を読んだ際、この人と言えばこれと言える世界観や軸が無いからこそ、毎年こたつの中で決める新年の抱負は同一直線上にない(一貫性のない)まばらなものになるんだろうなと、今までと違った新しい視点で実体験と結びつきました。

    最後にコメントして半年以上経ちますが、以前は全体像の把握までが限界でしたが、多くの経験を重ねてより緻密な部分まで視えるようになり、実感が伴うため更に知恵に昇華できました。

    一生読み込めるほど深みのある記事を共有して下さりありがとうございます。
    これからも何かある度にこちらの記事に帰ってこようと思います。

    ありがとうございました!

  22. Hirokan11 Hirokan11 より:

    皆様、お疲れ様です。(^-^)
    迷ったら北を目指せばいいんだを読んでの感想です。
    今現在の居る自分の場所と
    自分が本当に望む生き方(北という表現)、強い目的意識を持つ事が自分軸であって、強ければ強いほど、ぶれない自分軸になるのだと感じています。
    断る勇気、限りある時間だからこそ何に時間を費やしていくのか、例え嫌われるかもしれない、離れる友人がいるかもしれない、その人達は望む生き方に合わない価値観の違いなだけの話なのでしょうね。一番難しい課題と感じるのは一貫性の継続だと感じています。様々な情報が入り乱れる現代、色んな無意識的に誘惑や興味の上塗りの様な事象がある中で、継続していくには当たり前という習慣化にできるか否か、成功者の片方が口を揃えて言う言葉「継続していく事」なのだと感じています。目的にたどり着く道筋は様々ですが、その過程を楽しんで継続して歩みを止めなければたどり着けると信じています。自分自身こういう自分軸を得ることが出来たのも、ツインレイとの出会いがあり、EBとの出会いがあったからこそ、見出だせた自分が本当に望む生き方なのだと感じています。
    本当にありがとうございました。(^-^)

  23. Yuna44 Yuna44 より:

    カフカさん、素敵な記事をありがとうございます。
    やるべきことと、やりたいこと
    なるべき未来となりたい未来
    自分の考えていることを
    私は自分で信じる事が出来ず、定める先も決まらず
    人生を諦めたくない気持ちと、成功するっていう気持ちだけはブレずに持っていましたが、フラフラと流されて生きていました。
    Each Brandに出会ってから
    自分を信じて良いんだとやっと気付き
    北を目指して歩いて行く覚悟ができました。

    ありがとうございます。

  24. yuko--happy yuko--happy より:

    カフカさん、こんにちは!
    TPTEの澤見優子です。
    記事を読んで、高校時代を思い出しました。自転車で一緒に帰ってる友だちがため息と一緒に「全然楽しくない、毎日」と呟く姿を数回聞いて。恐らく多感な時期だし友だちは私に向けて言ってたんじゃないと思うんですが、横にいる私はとてつもなく悲しい気持ちになっていました。傍にいる私は何が出来るんだろう?と。笑顔になってほしい!とも思っていました。
    皆さんの、コメントを読みながらも涙が出てきました。
    自分の人生は自分で舵をとるんだけど、自分の横にいる人も笑顔にさせられるパワーを身に付けていきます!!!

  25. kisshi- kisshi- より:

    カフカさん、eBのロゴを決める時からずっと気になっていた〝迷ったら北を目指せばいい〟という内容の日記をやっと見つけました。ここにあったんですね。
    この日記は、人生において、生きるというものにおいて一番大事なことだなと思いました。
    自分はこのeBに入るまでは、昔の方が楽しかった、とか学生の方が自由だった、などそんなことばかり考えて、時間が流れるままに一般的な生き方をしていました。
    このeBに入ってからは、今までの20年間の人生より濃い数ヶ月になっている実感があります。
    まさにこのeBは、人生を変える事業だと強く想っています。
    何かに迷ったら、この〝迷ったら北を目指せばいい〟という言葉を毎回思い出すことにします。
    貴重なお話を、ありがとうございました。

  26. sachiko sachiko より:

    カフカの素敵な記事を読ませていただきました。
    カフカさんの生活に憧れます。したい事をしたい時に出来るのは理想です。現実では、したい事のどれ位が出来ているのか?
    我慢ばかりで当たり前の人生を歩んでいます。eBの仕事が順調に進んでいけたら自分の優先順位も大きく変わるでしょう!その日を目指して!
    カフカさんのように豪華客船での船旅もいいですね。

  27. tamae tamae より:

    カフカの日記:迷ったら北を目指せばいいんだ。
    ドキドキが止まりません。子どもの頃のわたしに届けたい!
    私は真逆の方法で歩んできてしまいました。
    カフカさんのこの日記は、リクルート活動の時に使用させていただきたいです。
    each Brandを牽引されている方がこんなに素敵な方だとさらに胸を張ることが出来ます。
    ご検討いただけましたら幸いです。
    よろしくお願いします。

  28. Yoshiki0916 Yoshiki0916 より:

    ありがとうございます!
    とてもシンプルな三つの原理ですが、本当に真理だと思います。

    特に自分にとって、断る勇気や優先順位というものは、本当にみをつまされることでした。いわば、他人の目を気にして、他人の人生を生きて、自分で勝手に奴隷になっていたようなものですか。
    そして、歳をとり、自分の可能性を信じられなくなっていました。

    でも、「年齢を重ねることは記念碑的に素晴らしい」。
    これからきっと素晴らしいことが起こる。なぜなら、夜には星が輝き、昼には日の光が降り注ぎ、風は常に吹いているからです。

    これからも、迷ったら北を見て、進んでいきます。

  29. Pokotan Pokotan より:

    カフカさん
    いつもありがとうございます。
    抽象的に物事を例えるような言語で客観的に自分と照らし合わせることが出来ます。
    「気付き」を頂きました。
    またこちらに戻り、読ませて頂きます。
    ありがとうございました。

  30. kumiko0326 kumiko0326 より:

    カフカさん
    each Brandのアップの方々が、若くて信念をお持ちで、信頼できる方々なのは、カフカさんの「生き方の方向を決める」「優先順位を決める」「続ける勇気を持つ」を徹底して行っておられるからなんだ‼︎とわかりました。私は、今まで「続けられない人」でした。これは自分の特性だと諦めていました。
    諦めず、毎日少しでも前に漕ぎ続けていきます。
    カフカさんの言葉に勇気を頂きました。ありがとうございました‼️

  31. saki0220 saki0220 より:

    カフカさん、いつも素敵な投稿ありがとうございます♪
    過去の自分と照らし合わせながら、投稿を読ませて頂きました。心に響く内容ばかりでした。
    自分なりの北極星を必ず見つけていきたいと思っています!

  32. nobuchan nobuchan より:

    過去のどんな自分よりも今の自分が何百倍も大好き
    そう言えるようになれたのは、ずっと、じっと、そしていつでも精一杯、あきらめずに、投げ出さずに頑張ってきてくれた過去の小さい自分のお蔭。そして、その自分を護り導き続けてきてくれたすべての存在のお蔭です!

    いつでも私にできることは、カーナビの目的地設定をすることだけ。あとは素直に今ここ、の案内通りに歩くだけ… わくわくしながら歩いて、目的地にたどり着いた喜びをみんなで共有したいです。

    素晴らしいテーマを提供して頂きまして、ありがとうございます!

  33. Kohei Kohei より:

    カフカさん。
    いつも、私たちの胸に響くお言葉を言語化してお届けしてくださり、本当にありがとうございます。
    カフカさんが宛てた学生の頃の“きみ”の像が自分と本当に重なり、この記事、そしてカフカさんのお言葉を学生の頃の自分に伝えられれば…、とそんな想いでいっぱいになります。
    だからこそ、この「初心」を忘れず、自分が目指す、目指したいと心から思う
    “北極星”を明確に、そこに向かって漕ぎ続けていきます。
    普段から私たちに沢山の還元を頂き、本当に感謝です。

  34. tomo_ishiguro tomo_ishiguro より:

    この作品には幾度となく立ち帰りますが、いつの私も等しく「初見の私」に胸を張って伝えられます。
    「年齢を重ねることは記念碑的に素晴らしい。その間が数ヶ月だとしても!」と。
    その間に過ごした時間、出会った人々、交わしたことばの濃度は、明らかに以前のそれとは異なるからでしょう。
    北を目指す手段は、明らかに非効率な時もあれば、途中の島に立ち寄ることもあり…順風満帆とは言えない航路ですが、それでも目指す北極星は何とか見失わず、着実に日々近づきつつあります。
    いつか、皆が目指す「北極星」の元へと辿り着き、本場のラム酒で乾杯出来る日を思い浮かべながら…♫

  35. mari2 mari2 より:

    カフカさん、いつも私たちを導いて下さりありがとうございます。ロゴ投票の動画を拝見し、改めて記事を読ませて頂きました。読みながら、始めて読んだ私へ思いを馳せました。まるでこの記事に書かれている青年へ語りかけるように、私も過去の私への思いが溢れました。赤ちゃんのように覚束無い足取りで今まで歩いて来ましたが、ようやく私も北極星を見つけ、全速で漕ぎ出しています。まだまだ先は長いでしょうが、止まる事は決してしません。もう私はロゴの船に乗ってしまったんです。自分の中から湧き出る熱風と共に、メンバーの皆様のお力を借りながら北を目指します。

  36. naoki naoki より:

    カフカさん
    いつもお世話になっております!FFの富士岡 直樹です!

    ロゴのお話に出てきて、虚虎さんがとても感銘を受けていたのが印象的で、この記事を拝見しました!

    やる理由や断る勇気、続ける勇気、どれも目標を達成するために重要なものばかりで、そうした理由や勇気を持った自分を信じて突き進めばいいんだと安心した反面、思いもよらない反応もあるのは仕方のないことだと感じました。

    でも、後々に後悔しないことを考えるとするならば、一度目指したことを諦めてしまうことだと思いました。

    目指した先に理想や希望があるなら現状に悲しんでいる余裕なんてなくて、少しでも近づけるよう日々努力をしようと思いました!

    この機会に再度目指すべきところを明らかにして、自分にとっての北極星を常に目指し続けます!

    今回も素敵な気づきや学びをありがとうございました!
    これらを行動に移してどんどん変わっていき、その変化を体感していきます!!

  37. Seiki Seiki より:

    カフカさん、いつも素敵な記事をシェアしてくださりありがとうございます。

    ロゴ投票において、再度読み返しましたが何度読んでも、いつ読んでもわくわくします。

    自分の中の「北極星」を見つけ、自分自身も皆の「北極星」となれるようにまだまだ走り続けていきます!

  38. ikedaeiji1103 ikedaeiji1103 より:

    3の漕ぎ続けること、自分は何かに集中しても壁にぶつかると新しい事を始めがちでした。最近一つに集中すべきだと多方で聞いたので、今の一番の課題なのかと思います。
    each brandに参加して今まで避けてきた壁も少しずつ越えています。この調子で逃げず、変えず、必ず乗り越えます。

  39. naoto0522 naoto0522 より:

    【子供の自分に負けない】
    この言葉はいつ何時も僕が心の中に置いていて、
    事あるごとに意識する言葉です。
    本格的にリクルート活動を始めて、改めてこの手紙、【迷ってら北を目指せばいいんだ】
    を読み返し、ぞくっとしました。
    その瞬間瞬間を僕と、子供の僕が心の中で勝負して、今の僕がいつも今を楽しめるよう、設定した目標に向かって走り続けたいです。
    まるで僕の幼少期を知っていたかのようなお手紙、
    ありがとうございます。

  40. JUN JUN より:

    カフカさん、初めまして。
    初参加させて頂きます佐伯潤一郎と申します。

    小説のような読み応えのある日記。大変楽しかったです。
    ブロンドの美女に貢がせるという表現に良い意味でナルシストを感じました。

    ナルシストという自尊心があるからこそ断る勇気が持てる。
    自尊心がなければ人から承認されたいと願ってしまいますから。
    ナルシストは正義ですね。

    コメント記入欄がYOUTUBEのように上位にはなく
    最下層にあることに感動をしております。
    皆さんがアウトプットした美しい感想の数々を
    皆に見てもらいたい。 そう言った意味合いを勝手に
    解釈いたしました。

    このコミュニティーに参加できたすべてのものに
    心から感謝しています。ありがとうございます。

    【TPTE/JUN】

  41. keisuke0122 keisuke0122 より:

    カフカさん
    いつもありがとうございます!

    ・自分の夢や理想を決める
    (何を目指すのか?)

    ・優先順位を決め、重要なことに取り組み、それ以外はやらない勇気を持つ(時間は限られている)

    ・やらなければならないことをやり続ける(継続できなければ達成できない)

    人生を歩むと本質的な意味を教えられた感じです!

  42. yoshi74 yoshi74 より:

    カフカさんこんばんは。
    何度でも読みたい内容ですね。
    あの頃よかったなと過去に生きていた頃がありました。
    今はこれからを最高なものにしていけばいいんだとプラスに捉えられるようになりました^^
    3つの大切なこともぐっときました。
    何かを変えることに対しての勇気は少しでもあると思っているのですが、続けることの勇気はまだまだだなと思いましたが
    **9年間も、一貫して学生を続けられた君であれば、決して難しいことではないはずだ。**
    この言葉をみて
    いけっぺ!って思えました。
    ありがとうございます。

  43. HidekazuOnishi HidekazuOnishi より:

    カフカさん

    2020年大晦日に
    僕にとってのリクルート第一号を決め
    2021年1月1日
    風の時代の到来とともに
    僕は自然にこの記事に引き寄せられていました。

    平凡な家庭に育ち
    旧帝大で4回留年1回休学し
    9年間を過ごした僕にとって
    カフカさんの文章は
    なぜか共感するものがありました。

    もしかしたら、
    eachBrandに出会う前までの僕は
    「カフカさんが間違った選択をし続けた場合の10年後の姿」
    だったのかもしれません。

    今、僕は、カフカさんはじめ
    eachBranndの方々に出会い
    僕なりの「北極星」を見つけたと感じています。

    「僕にとって本当に重要なこと」
    に向かって、これから自分をアップデートし続ける。

    風の時代に相応しい自分になるため
    この環境を用意してくださった
    カフカさんに本当に感謝いたします。

  44. Nozomi Nozomi より:

    素敵な日記ありがとうございます。
    断る勇気が欠けていること、自分でもわかっているつもりでしたが、その点にぐさっと刺さりました。一貫性がないことも。
    継続できないこと、興味がすぐ薄れることも本気でやりたい事を見つけていなかったからと言い訳がましくも理由にしていたり。
    でもここでは、学びが多くそして支え合って高め合う環境だから、「北を目指していける」と思う。
    3つの大切なこと。
    何度も読ませていただきます。

  45. カフカさん、素敵なコンテンツをありがとうございます。

    このコンテンツを見た後自分のことを振り返ってみて、自分にはまだ北極星が見当たらないと感じました。私は、元々世の中の仕組みに疎いまま大学生になり、危機感を感じたことがきっかけでeBに参加しました。まだまだ自分の軸が不安定ではありますが、これからの活動を通して出来るだけ早く見つけようと思います!
    大学の勉強も好きではありますが、自分が本当に学ぶべきことを見極めて日々過ごしていこうと思います。

  46. tomoki_ tomoki_ より:

    カフカさん拝見させていただきました。

    子どもの頃のきみに大人のきみが負けを認める
    なんだかとても刺さりました。歳を重ねるごとに、いまが一番たのしいと思えるような人間になります。
    やる理由を決めて、断る勇気を持ち、一つのことだけをやり続ける
    この環境には素晴らしい人たちがたくさんいることを知りました。
    横を見ればパートナーがいて一緒になって船を漕いでくれます。
    ずっと彷徨っていましたが、この環境を最後にし頑張っていきます!

  47. takashi takashi より:

    カフカさん、
    ステキなメッセージありがとうございます
    成し遂げたい目標に集中することが大切。その道のりの細かいことは正直、分からないと思います。予想外なこともいっぱい起こる。
    だけど、目標に集中する
    諦めない。
    不必要なものはきちんと手放す。
    夢を叶えるうえで大切なものはシンプルなんだと思いました

  48. shingo2 shingo2 より:

    カフカさん、素敵な日記をありがとうございます。迷ったら北を目指せばいい。心にとても深く刺さりました。僕はいつも隣の芝が青く見え、彷徨うことを続けていました。小さい頃に描いた夢、このeach Brandに入った時のことを常に忘れないよう、自分の進むべき道を確かめながら突き進んでいきたいと思います。ありがとうございました!

  49. ikazuki ikazuki より:

    拝見してさせて頂きました

    とても詩的な文章でしたが、その中にも「自分を貫く事」「継続の大切さ」が盛り込まれており、力を貰いました

    ありがとうございました

  50. takayuki1128 takayuki1128 より:

    カフカさん「迷ったら北を目指せばいいんだ」読ませていただきました。
    私は今精神的にとても苦しい状態で、ともすればそうなる前の時間に自分を繋ぎ止めようとしてしまいます。
    この呪縛から自分を解放するためには、明確な目標を持ち、信じられる仲間と共にそれを目指して行くことが必要だと思いました。
    私の目標は何なのかということに真剣に向き合おうと思います。

  51. ryuki ryuki より:

    カフカさん
    素敵な文章をありがとうございます。
    今まではなんとなく高専に入ってなんとなく進学しようって思って色々やってました。
    でも目標を持って、断る勇気を持って自分が進みたい道を明確にしてこれから頑張りたいです。
    ありがとうございます!

  52. yajyrider yajyrider より:

    こんにちは!カフカさんのお話にすごく共感しました。
    ありがとうございます。

    私の場合は、子どもの頃の方が良かったと思う機会はあまりない方です。

    今、前向きに夢に向かって挑戦していていますが、
    以前の自分自身のことを思い出すたびに、
    なぜ自由であることを、幸せになれることを分かっていなかったんだろう。
    と、すごく不思議に思いましたし、その時間がもったいなかったと。

    確かに子供のころは、多少なりとも経済的に厳しいひとり親の家庭環境に
    制限されるのは当たり前であって、周囲の大人たちも事情があったし
    誰のせいでもなかった。
    できることは限られていた。子どもなりに生きるために我慢する。

    そうであったというだけだというのに、社会人になった後もその固定概念のまま、
    生きていました。

    そうすると、やっぱり苦しいまま。
    そんな時に、あなたはもっと自分を幸せにすることを考えてと
    会社の専務にアドバイスされました。

    あきらめていた私が少しずつ、考えるようになり、
    自分のために、夢に挑戦するんだと少しずつ思うようになりました。

    誰になんと言われようと、進む先は決めたのだと。
    それでも、今までとは違う考え方をすることは、
    未知のため、恐怖であったりします。

    カフカさんのお話を読んで、進むしかないと、
    そこまで、間違ったことを私はしていないと確信しました。

    本当にありがとうございました。

  53. moeka0629 moeka0629 より:

    カフカさん、貴重なお話をありがとうございます。
    今月より参加しました萌花です。

    リクルート活動をスタートする前の段階でこの記事を拝読でき嬉しく思います。

    早速「やる理由」、「望む生き方」、「断る勇気」、「続ける勇気」を自分に当てはめてノートに記しました。

    自分なりの指標を持ち、そこに集中して活動していきます。
    書いて残すことでより一層気が引き締まりました。

    皆さんのコメントにもすごく刺激を受けます、私も頑張ります!

  54. Mayuyu Mayuyu より:

    カフカさんこんにちは!とても素敵で全身痺れるような日記とメッセージをありがとうございます。カフカさんの日記やメッセージを拝見しながら、私自身立ち止まって考えてみました。やりたいしやるべきだと思ったことに関してはやる選択をしているつもりですが、自分自身の視野が狭く視座が低いと見える世界も狭くなるので、自分の夢や理想も狭義的なものになっているかもしれないと感じました。カフカさんの仰る「予算に計画を合わせ、休日に予定を合わせる」この思考になっていることは否定できません。やりたいことをやりたい時にやりたい性格の自分にとって、型にはまった生活に違和感を感じたこともありながらも「まずは与えられた環境とタスクを自分ごと化させて最大限努力して成果を出す」ことで自分の市場価値を高めることだと思い、ここに集中していました。今の環境で学んだこともたくさんありますし、楽しくないわけではないですが、これで満足はできません。「計画に予算を合わせ、予定に休暇を合わせる」生活を送りたいです。船を進める方向を決めて、断る勇気を持って、集中して船を”漕ぎ続ける”ことを胸に刻んで目的地(北)目指して挑戦し続けます!!今後ともよろしくお願いいたします!!

  55. nagasan nagasan より:

    カフカさん
    ありがとうございます✨
    今までの自分に満足していましたが
    歳を重ねるほど楽しめる大人になりたいと強く強く思いました。

    これからの人生
    オモシロくなる予感でいっぱいです。

    ありがとうございました(^_^)v

  56. より:

    カフカん、おはようございます!

    素敵な投稿ありがとうございます!

    僕は一貫性のなさに自信があるような人です。
    でも、自分のその部分ともっともっと真剣に向き合って、最後には、カフカさんも越していけるように飛躍していきたいと今思ってます。
    何卒宜しくお願いします。

  57. riku0918 riku0918 より:

    カフカさん
    素敵な投稿ありがとうございます。

    若い頃はよかった。
    この言葉は本当によく聞く言葉だけど、なぜ昔の自分に今の自分が負けているのかと思うと
    絶対に僕はそんな風にはなりたくないという気持ちになりました。
    年を取るにつれて自分が劣化しているということを、まさに表している言葉だと思います。
    人生の行方を左右する舵は誰かに取らせてはいけない、自分の船は自分で操縦するのが自分の人生。
    舵を取った方向に大嵐が待っているかもしれないけど、自らの軸を持ち続けて進んでいった先には最高の楽園。
    困難に打ち勝つたびに、魅力的な自分になっていく。
    大学生の今の僕が羨んで仕方ないような生活を、コミュニティの方々と実現していきたいし、
    年齢を重ねることを楽しんでいきたい。
    自らの軸をしっかり持って、自分の船を進めていきたいと思いました。
    ありがとうございます。

  58. takaaki takaaki より:

    私にとっての北極星は「自分でしか成し得ないことを見定め実現すること」です。
    これは元々は親や縁のある人への感謝・自身の成長を表現するためであり、自身が努力をするきっかけとしていました。
    それの手段の一つとして大学時代から技術者として、学び支援する人達が喜ぶような成果をあげることができました。
    社会人になった今は目標は変わっていないものの、断る勇気がないため文字通り身を削るような生活を送っています。自身のために断る勇気を持つ、もっと我儘になってもいいのかなと考えることができました。
    素晴らしい記事に感謝です。ありがとうございました。

  59. Koki88 Koki88 より:

    この文章を25歳のいま、読めたと言う事実に感謝と幸せを感じて居ます。
    漠然とした将来への不安が晴れるような、そんな気持ちにさせていただきました。
    今の自分にとっての北極星は「周りのみんなに愛されながら死ぬこと。」ですが
    そのなかの条件のして、「夢としていた医師の仕事を全うすること」が含まれています。
    医師という仕事は想像でしかありませんが、とても厳しい環境で働くというイメージがあり
    期待と共に不安もありました。その不安の原点は医師という職業に縛られて居た父の影響が強かったと
    振り返れば思います。その為、医師という仕事に誇りを持ちながらもそこに縛られない第二の選択肢が必要でした。
    それを探してた時にこのeach brandという素晴らしい組織に出会うことができ、
    『これしかない!』と思い参加させていただきました。
    長々と自分の話をしてしまいました。

    このコミュニティ、そしてメンバーの皆さんに出会えて本当に幸せです。
    ありがとうございます。

  60. masato0358 masato0358 より:

    カフカさん。大変貴重な投稿をシェアしてくださりありがとうございます。『迷ったら北を目指せばいい』夢に向かって進んでるときに叶うはずなんてないよ。と言ってくる人は多く。途中、諦めかけました。でも、一貫性のない人たちは一貫性がないことに一貫していると言われたときは何も言葉が出ずに成し遂げていこうという気持にさせられました。やると決めたらとことんやる。目標を失いかけたらまずは自分が最初に描いた夢に向かって走りだしたあの時の気持ちに帰ってみる。
    その熱い気持ちを思い出させてくれるものでした。本当にありがとうございます。

  61. より:

    カフカさん、ブログをありがとうございます。
    子供たちに夢のある未来を与えてあげたいと思って過ごしてきました。
    しかし、現実を仰ぎ見ると陰鬱なニュースや事件ばかりで辟易しておりました。そんな折にeach Brandに出会い、少しでもカフカさんが経験してきたような未来は、現実的なことだという指針になればとおもい、志を立てました。
    貧富のない世界が理想ではあります・・・。しかし、その前にできる自分自身を精一杯磨くことから一歩一歩進んでまいりたいと思いました。
    ありがとうございます。

  62. miyuki39 miyuki39 より:

    カフカさん、素敵なブログをありがとうございます。
    迷ったら『迷ったら北を目指せばいいいんだ』昔の自分に伝えたいなと強く思いました。断る勇気を持つこと。普通がいいと言う周りの考え方に振り回されて大変な自分の時間を無駄にしないでほしい。一貫性を持って、続ける勇気を持つと。自分の息子にしっかり伝え、自分もこの道を信じて歩き続けて行きます!ありがとうございました。

  63. MINORU SHIBATA MINORU SHIBATA より:

    カフカさん、いつもありがとうございます。
    迷ったら自分の心の中にある北極星をもう一度確認して、誰のものでもない自分の人生を
    楽しんでいきたいと思います。
    今回もありがとうございました。

  64. masayuki kadota masayuki kadota より:

    カフカさん
    こんにちは。nowadaysの門田将幸です。
    素敵なメッセージありがとうございます。
    私にとっての北極星は、「名前の通り、今将に『幸せ』を選択して生きる」ということ。そういう瞬間を積み重ねていくことが私の人生に於いて最も大切にすべきことと決めています。そう決めたとき、今の環境(会社員として決められた時間仕事をし、指示されたことに少し自分の意思を加えて生きる毎日)を卒業することを決めました。また、私はこの人生で、「この美しい地球を遊び尽くして、寿命を全うする」という"想い"が、自分の中からフツフツと湧き上がってくるのです。
    それを具現化するには、each Brandは、私にとって最善の環境だと信じています。
    日々、この環境で気づきと学びを得て、行動し、多くの人と繋がり、楽しんでいきます。
    ありがとうございます。

  65. より:

    カフカさん
    エモーショナルでポップで力強いお話を見せていただきました。
    こうして、私たちに輝く可能性を見せてくれることをとてもうれしく感じています。

    記事を読むと、自分は自分をちっちゃく使ってるんだなと実感します。
    俺もそうなれる、みんなもなれる。
    本当に幸せを感じずにはいられません。
    素敵なシェア、ありがとうございます!

  66. YUMI YUMI より:

    カフカさん

    何度読んでも素敵な文章に本当に引き込まれます。
    そして大丈夫っていう言葉に心の底から安堵します。

    小さい頃の私は世界不思議発見のミステリーハンターになりたくて、世界のいろんな場所を旅行して各地の魅力を伝える仕事に憧れていました。
    大人になって現実を知り仕事に追われる毎日でしたが、もっと自由に旅行したいという思いを諦めきれずにいた時に、この事業に出会いました。
    カフカさんが伝えてくれた3つのことを心に北を目指して進んでいきたいと思います。

    ありがとうございました。

  67. mari2 mari2 より:

    カフカさん、素敵なお話をありがとうございます。私は今の自分を一所懸命に生きることを教わってきた人間でした。そうは言っても沢山寄り道をして、ようやくeBにたどり着いて夢を持つことが出来ました。カフカさんの仰る、断る勇気。これを実現している方が身近にいますが、今の私にはまだ勇気を持つことが出来ません。一つ一つのタスクをクリアして、断る勇気をすべき時に出来る自分になれるよう、精進します。いつも私達の為にコンテンツをご用意下さり、本当にありがとうございます。

  68. Reina.I Reina.I より:

    カフカさん
    「迷ったら北を目指せばいいんだ」を読んで。
    私が参加し始めた約6ヵ月前、この記事に出会いました。

    当時、初めてこちらの記事を拝見させていただいた時は心が震えるような、
    南風が吹いたような、なんとも言えない気持ちと感動したことを覚えています。

    そして今日、久しぶりに読ませていただいてちょっと泣きました。不思議ですね。
    自分のなかで何か大事なものを思い出させていただけたからだと思います。

    どこか懐かしい歌のような、心に深く入り込んでくる小説を読んでいるような、カフカさんの記事は魔力の香りがします。
    温かくて迷いのない感情が湧き上がり、これが「勇気」なんだと。

    方向さえ間違えずに進みつづければ目的地へ辿りづく、だから迷わず北に向かい続けること。
    自分で選択していく喜びを噛みしめながら。

    自分の人生を振り返ってみると眩い光を放つような時期もあれば、悔やんでも一生取り戻すことができないこともあったけれど
    「過去に戻れるとしたら、いつに戻りたい?」そう聞かれても私は心から「今がいい。」と答えます。

    ずっとブレずにいられるのは、この記事に出会ってマインドセットできていたからなんだな、
    記事の内容ははっきりと覚えていなかったのですが、(正直に申し上げますと、忘れていたのですが、。)
    人生を旅、目標までの道のりを航海にたとえていた自分は知らず知らずのうちに
    「迷ったら北を目指せばいいんだ」に大きく影響をうけていて自分の揺るぎない軸となっていました。
    そのことにまず衝撃をうけたことと、また数か月後、読んでいる自分を想像しワクワクして帆を進めてまいります。

    いつも寄り添ってくださるお話をありがとうございます。
    ひきつづき、変わっていくことを楽しんでいきます。
    OGT/Reina

  69. aiai aiai より:

    まだスタートしたばかりの新人ですが、とても大切な気持ちを感じました。
    とくに、最後の船を漕ぎ続ける。これがきっと1番単純だけど難しいような気がします。
    初めは気持ちも高まり、やるぞ!と気合入ってますが、なかなかうまくいかなかったり、心折れそうになったりしたときに、またこの日記を読み思い出したいです。

    漕ぎ続けたさきに、こんなに楽しい世界があるんだ!とワクワクが止まらない、年齢を重ねてもこんなに素晴らしい世界があるんだ!と思う自分を想像します。

    迷ったら北を目指します!進むべき道をしっかり決めて迷わず突き進んでいきます。

  70. kumi kumi より:

    カフカさん、素敵なお話ありがとうございます!

    ◆ 船を進める方向をきめること
    ◆断る勇気を持つこと
    ◆集中して船をこぎ続けること
    大事なポイントとして自分の中に落とし込みたいと思います。

    迷ったら空を見上げて北へ進むと言う事は自分の芯をしっかりと持ち、外の目で自分を見直した時にそれを自身の中心に置いて考えて行動すると言う意味であると捉えました。

    しっかりと方向(目的・目標)を定め、それに到達するいろんな方法を試す中で芯だけはブレないようにして結果に繋げていきたいと思います。

    貴重なお話ありがとうございました。

  71. saki.f saki.f より:

    カフカさん、こんにちは。
    素敵な記事の数々、いつもシェアしてくださってありがとうございます。
    この記事は、気持ちを一新/一心したいとき、新たなスタート時点に立ったときなどに毎回拝読しています。
    やりたいことを叶えるための指針、迷ったら北極星を目指せばいいんだの記事に何度も
    自分の気持ちに気づかされていきました。
    隣の芝生が青く見える、はまさに以前の私です。
    周囲の環境や人など外側にばかり目を向けて羨み、
    自分に立ち直ることはしていませんでした。
    大人になるにつれ、どんどん自分を見失い自分軸になっていけない人が多い中、
    やりたいことや可能性をどんどん自分の手で拡げられること、
    いつかではなく「今」やるということをこの事業に参画したことで学ばせていただきました。
    どんなに迷ったり自分がぶれそうになっても、
    やる理由・目標を思い起こし、続ける勇気を持ち続けます。
    いつもありがとうございます!
    
    

  72. shingo shingo より:

    以前、読んだことのあるブログですが、
    読んだ当初はまだ本格的に活動していない時だったので
    そうか、そうなのかと、なんとなく頷いてる程度でした。

    改めてある程度活動をこなしてみると
    その行動にあてはめて、理解できるので
    だいぶ感じ方が変わっていました。

    ・船を進める方向をきめること

    ・断る勇気を持つこと

    ・集中して船をこぎ続けること

    最近、自分に足りないのはこの3つなのかと
    改めて、自問自答しながら読み進めていました。

    とにかく、自分が目指す北極星をしっかり見ながら
    年をとることを楽しんでいきます。

    素敵な記事をありがとうございました!

  73. より:

    カフカさん、素敵な記事をありがとうございます。
    自分はいつも誰かに用意してもらった道を通って生きてきました。自分で選んだ道はどれも失敗し、誰かが決めた事が正しいと思って来ました。
    だけど、自分の人生。自分が自由に生きなければと「船を漕ぎ始める前に、船を進める方向を決めてほしい。」と言う言葉に心を打たれました。
    自分の意志をしっかり持ち今後辛抱強く生きたいと思いました
    ありがとうございました。

  74. Yusuke Yusuke より:

    カフカさん、素敵な記事をいつもありがとうございます。
    人生において何が重要で日々生きていく中で、自分自身を見失っておりました。
    まさしく「周りに流される人生」
    周りの人の普通が自分に刷り込まれるように。。
    理想のゴールを決めて集中して船を漕ぎ続けられるように、これからは
    自分自身と向き合って生きていこうと感じました。
    これからもブログ、楽しみにしています。
    ありがとうございました!

  75. より:

    カフカさん
    素敵な記事をありがとうございます。
    過去はすでに見ているものだからこそ、今と比べて「あの時はよかった」と思えるのかなと感じます。
    未来を見据えているとワクワク感を感じることができると今は思います。
    とはいえ、ちょっとしたことで気持ちがブレたりしがちです。
    『迷ったら北を目指せばいいんだ』
    何事も迷ったら原点に戻って、腰を据えてしっかり頑張るということを繰り返して、ブレない心を築いていきます。
    ありがとうございます。

  76. K.Rie K.Rie より:

    カフカさん、素敵すぎるエッセイをありがとうございます。カフカさんに出会えて、カフカさんの書いたこの記事や動画を拝見することで、私の人生は大きく変わっていってるなと最近はより実感します。単純にファンです(笑)
    この記事で伝えられている3つのことは、この活動をする上で最も大切なことだなぁと感じました。自分自身もそうですが、もしメンバーさんが悩んでいたりした時は、カフカさんのこの記事を思い出して伝えていけるようにしていきます。
    今はとにかく、集中して船を漕ぎ続ける事をやっていきます。ありがとうございました!

  77. YuTa. YuTa. より:

    カフカさんとても素敵な記事をありがとうございます!

    この記事を初めて読んだのが何ヶ月も前になりますが、当時と同じようにカフカさんの世界観に引き込まれ、気づいたら最後まで読み切っていました。
    巷にあるブログとは醸し出すものが全く違いとても惹かれるものがあります。

    そして初めて読んだ当時(eBに入ったばかりの頃)は何となく読んでいた部分がありましたが、成長して視野が広がった今だからこそ吸収できるものが沢山ありました。

    記事のフィードバックですが、まず学生であるこの時にこの記事を見れた事はこれ以上にないほど運の良い事だなと思います。

    “学生のきみへ”というタイトルで手紙を書かれていて、1番持っていなければいけない指針について記されていた。
    カフカさんが学生だった時の自分に伝えたいメッセージな訳ですが、これを20歳という若さで目にできた事が本当に嬉しく思いますし、今学生だからこそこの内容がとても刺さりました。

    改めて目標(方向性)の確認をし、自分の道を歩む勇気を持って集中力を発揮し歩んでいきたいと思います。全ては人生を謳歌するために。

    これからもブログ記事や動画のシェアとても楽しみにしております!
    ありがとうございました!

  78. カフカさん
    eachBrandに参画した当初(およそ4カ前)にもこの記事を拝見しました。
    にもかかわらず、初めて読む記事の如く吸い込まれるように目が文字を追っていきました。
    とくに”一貫性がない” という意味において一貫している、という部分には胸を打たれ、
    この寂しい一貫性は自分にもあるな、と感じている次第です。
    自分を変えたい変えたいと言葉で言うのは簡単ですし、一瞬の間だけそれらしい行動は出来ても
    それを継続する(一貫して動く)ことは、これまでの人生で中々できていなかったと感じます。
    一貫した人間、確固たる世界観を持つ人間になります。
    間違っても一貫性がないことに一貫した人間、世界観がない世界観の住人にはならないように。

    改めまして、刺激的な記事をありがとうございます。

  79. より:

    カフカさん、素敵なエッセイレターを読ませていただき、ありがとうございます。

    山の達人に、
    「道に迷ったら北をめざせばいいんだ」
    と聞いたことを思い出しました。
    そして、「北」を見つける方法をいくつか教わりました。
     
    その道を通ってきた方のお話は実際に役立つものであると実感したのです。 
     
    カフカさんが書いておられたことは、小説のように作られたものではなく、実際に通ってこられた道、経験からのお話しであることが伝わってきました。
     
    この手紙が学生時代のご自分へ宛てた手紙となっていますが、置き換えさせていただくと、そのまま読者へのメッセージとなっています。

    私は、カフカさんよりもずっと年齢を重ねていますが、まだまだ土台さえ揺らいでいて、貫く強さが足りないことに気づかされました。
     
    ルフィの揺るがない強さと自信は見ていて気持ちがいいですし、応援したくなりますね。
     
    自分の目指す星と進むべき道をしっかりと見定めて、縛られることない、自由設計の人生を手に入れることにエネルギーを注いでいこうと思いました。
    自分と向き合うチャンスをくださり、ありがとうございました。
     

  80. Nobutoshi Nobutoshi より:

    カフカさん、素晴らしい記事ありがとうございます!
    記事の内容が本当にオシャレで惹かれます。

    ルフィは20年経っても海賊王にはなってないですが、あと5年ぐらいでなれそうですね(笑)

    海賊王になる事を貫き通しているルフィの一貫性と作者は本当にすごいなと思います。

    でも僕らも同じですね。
    北を目指して漕ぎ続けていけばいずれはたどり着く。

    続ける勇気持ち続けていきたいです。

  81. mariko-orita mariko-orita より:

    カフカさん、”素敵なmihoさん”チームのMarikoです。
    心にぐさっと刺さるお言葉をありがとうございます。
    大切なこと3つが全て曖昧な自分に気づきました。
    地球は”行動の星”!ですので、この大切な3つのことを実際に行動に移すことを誓います!
    感謝の気持ちでいっぱいです。
    ありがとうございます!

  82. より:

    予算に計画を合わせて休暇に予定を合わせる

    まさにその通り!とうなずきました、、、会社に勤めていた頃は窮屈でした。そこに他の人と被らないように…も加わるのでさらに大変でした。
    そして、その後の計画に予算を合わせて予定に休暇を合わせる。。。理想であり目標であると改めて気づけました。

    船を漕ぎ続けること。迷ったら北を目指せばいいんだ

    カフカさん今日も気づきをありがとうございます。
    Kana

  83. より:

    『迷ったら北を目指す』何に指針を当てて漕ぎ始めるのか、初心に戻って自信が持っていた目標を根本的な事からもう一度掘り起こしてみようと思いました。なぜそこを目指すのか、そこにたどり着いた時何が起こるとイメージするか。
    目指すものが何であれ、北に向かって進む人はきっとみんな胸をわくわくさせながら行くのだろう。今の私がそうかなって思いました。
    自分の事は自分が一番知っています。だから自身で決めてやってきた事は、決して誰かの制裁で良し悪しを決められるものではなく俗にいう犯罪という枠を除いては、自身の信念を持ちながら、『これが私の道』『私にとっての楽しい人生』を目指せている、出来てると思えるのならば、周りの必要のない誘惑は、自然と退けていけるし、断ることも句ではないと思いました。自身の信念を貫く勇気。特に人に左右されやすい私が今一番必要としてる部分かなと思いました。
    『天才とは集中力を発揮した凡人である』そこにある自信を想像し、”やはり私はそこへ向かうべきなんだ!!”改めてこれから私が目指しているものへ、心の火が更に大きくなった様な気がします。ありがとうございました。

  84. より:

    カフカさん、ステキなお話と座標を示して頂き、ありがとうございます。

    今はみんなが自分の船に乗り、夢を追い求めて航海していて、船の行き先を、見失わないことが大事なんですね。

    行き先を色々変えてみたり、行く途中で、行き先が分からなくなった事もありました。

    今、こうやって示して頂いているので、今度は見失いません!

    それから、過去を振り返ると、諦めずに続けたモノは
    遅咲きでしたが、ゴールを通過することはできました。

    今度はあの時よりも、もっと船を漕が続けようと思います。

    そして、大人になって色んなしがらみを感じていました。

    けれど、自分にとって何が重要かを考え必要な寄り道を選んで航海したいと思います。

    また違ったお話も楽しみにしています!

  85. IKUMI IKUMI より:

    カフカさん

    素敵な記事を共有していただきありがとうございます。

    これまでの22年の人生、常にお金または時間(時には両方)に追われているように思えます。
    その生活に慣れてしまい、「お金も時間もないし、どうせ無理だろ」と思い
    大きな夢を持つことができなくなっている自分に気が付きました。

    「夢を持たない」という北極星を目指すのは止めます。
    困ったときはこの記事を何度も読み返し、軌道修正をしながら人生を楽しんでいきたいです。

    本当に素敵な記事をありがとうございました。

  86. yuushi yuushi より:

    カフカさん、貴重な記事ありがとうございました。

    “計画に予算を合わせ、予定に休暇を合わせる”がステキすぎて、心に刺さりました。
    三つの指針を忠実に守り、ベクトルを決めたら進み続けて、優先順位を決めながら活動していきます。

    ありがとうございました。

  87. miki123 miki123 より:

    カフカさん、
    本当にいつも素敵なお話をありがとうございます。
    カフカさんに出逢えたこと、私にこのグループのお話をしてくださった方、またその方に紹介してくださった方、と本当にたくさんの方に感謝の思いでいっぱいです。

    私は、船を進める方向を決めず、目先の利益だけに捉われており、これだ!と思ったら船を漕ぎ始めておりました。。

    そのため、時間のプログラムの中だけで何度も転職をし、収入を上げるために残業時間を増やすということをしておりました。

    でも以前の動画も拝見し、現在、まず”船の進める方向を決める”という、今までしてこなかったことをするよう意識して生活しております。
    30年近く生きてきて、違う習慣を始めるというのは、何度も元に戻りそうになります。

    しかし、カフカさんの日記を読んで、カフカさんの
    「計画に予算を合わせ、予定に休暇を合わせる」という今まで考えたことのなかった生活に心底憧れを持ちました!
    そのためには、行動を継続していくことだと思いますので、今後も謙虚さを忘れず活動に取り組みます!
    いつも本当にありがとうございます。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  88. より:

    カフカさん
    素敵な素敵な本当に素敵な手記をありがとうございます!

    今の日本、いや世界中の子供達に読んでもらいたい内容でした✨

    今、カフカさんの思いや言葉を聞けて、スッと霧が晴れたような
    ✨爽快感✨を感じています。

    大人の決めた価値観の中で、
    それらは限定的な制約のある世界。
    限定的な選択肢しかなくて、
    何だかモヤモヤするけど、
    期限を迫られて選ばなくてはならない。
    まさに高校生の時の私が、
    その選択肢の中の、ましな方を選択したという記憶があります。

    そして、each brandの活動や仲間の皆さんに出会うまで、ずっと抱えていた『人生これでいいの?』と言う悩みでもありました。

    以前の私と同じように、仕方なく生きる方向を選ぶ方もまだまだ沢山いると思うので、
    自分で思い描くhappyで主体的な人生が送れる人を沢山増やして行けるよう、リクルート活動の時には、
    相手の気持ちに寄り添いながら頑張りたいと思います!

    貴重な学びを与えて頂きありがとうございました!

    若菜さんチーム
    chi-a

  89. より:

    こんにちは。カフカさん、この物語を読ませて戴いて学生の頃の私と今まさにこれからの人生に迷って疑問を抱いている学生たちに聞かせあげたいです。
    他人に提案されるがままの人生になりそうで大学を辞めて目的地もわからず船を漕ぎ出してしまった。一貫性を持たず断る勇気も持てなかった。
    空にある雲、成長して大人になってくると雲は水蒸気が溜まり雨を降らす存在、小さな頃はアイスクリーム、誰かに似ていたり、大きな船だったり、夢の国のお城 、何時間でも見てられる存在でした。結局今でもそれを求めて追いかけている。
    今では目的地がわかる、行きたい所を知っている。
    今からであってもやれると思っています。3つの指標を大切にして。
    この物語を自分に当てはめて行きたいと思います。大切なこと。
    ありがとうございます。

    松尾 浩

  90. より:

    カフカさん、ありがとうございます。

    一貫性を持って歩めばいいのですね。

    簡単な事のようですが、誘惑がいっぱいである程度どんな誘惑があるのか?を知っていないと
    世捨て人のように見られます。

    人がどのように私を見るか?は全く問題ではない事
    迷いがあったら、とにかく北を目指す事

    北を目指して行くエネルギーがなくなりそうになったら、
    一度立ち止まる事

    やるべき事はわかっています。

    笑われるような夢を叶えてみたい!
    どうせ一度きりしかない私の人生ですから。

    このような思考になれるか?
    なれないか? 
    そんな事さえ、each Brandに出会う前は考えられなかったのだから
    今はかなり夢に近づいているはずです。

    私が諦めなければ、夢はかなう。

    自然界と経済界の健全な循環のお手伝いをして
    美しい自然に囲まれて暮らしたい!

    夢だけど夢で終わらせたくありません。

    ありがとうございました。

  91. より:

    カフカさん

    あれは確か私が参加して間もない頃、このブログを初めて読ませていただいたことを思い出しました。

    その頃の私はこの素敵な物語を自分の頭の中に想像すらできず、
    イメージもできず、
    ただただ
    「読んでいただけ」

    それがこの環境で人生を学び、人間力を学び、素晴らしいメンバーさんに沢山の事を教わり、経験をすることで、胸が熱く心が揺さぶられるほど感動してしまいましたT^T

    勿論まだまだ未熟な私ですが、当時の自分よりこの環境に確かな確信がある!

    周りから
    「何を言っているの?」
    と呆れられる程大きな夢もある!

    周りに合わせた生き方はやめた!

    この環境に出会っていなければ、一生夢もなく人に合わせた人生になっていたと思います。
    ゾッとしますね。。笑

    何で周りを気にして生きていかないといけないのか。
    自分の人生なのに、おかしな話です。

    自分の未熟さに嫌になることもありますが、
    10代より20代より何百倍も今が楽しいし、充実しています。

    近い将来
    豪華客船でラム酒を飲むときは、思いっきりドレスアップして今より人間力も磨かれた私でいることを想像しながら、、、
    そんな私に出会えるように活動していきます。

    素敵な物語をこれからも見せてください。

    昌美

  92. より:

    カフカさん
    なんて美しくて素敵な物語なんでしょうか!
    まるで小説を読んでいるかのように情景が浮かんできました。
     
    3つの大切なメッセージは今の私にもとても響きます。
    多くの若い人たちにもこのメッセージが届いてほしいなと思いました。
     
    いつも有り難うございます。
     
    kananチーム エミ

  93. YUMI YUMI より:

    カフカさん
    いつも動画を観させていただいていますが、文章もまた新鮮で楽しく読ませていただきました。
    これから先、何かに迷ったときは空を見て北を目指せばいいという言葉を思い出します。
    とても心強くて安心できる環境に本当に感謝しています。
    ありがとうございます。

  94. Yusei.N Yusei.N より:

    カフカさん、素敵な記事をありがとうございます。
    確かに今の私は予算に計画を合わして不自由な生活をしているのではと感じてしまいます。
    お金や時間に縛られず自由に好きなことをしたいです。
    学生の頃の方が楽しかったと思ってしまうのは、今に不満を持っているからかもしれませんね。
    船を進める方向をしっかりと定めてから漕ぐようにします。
    そして「集中力を発揮した凡人」になれるように一貫性を持って継続していきます!
    とても学びになる気付きをありがとうございます!

  95. 川西 梢 より:

    カフカさんの日記は本当に恵みある物です。

    この恵みを見て満足するのではなく、日々の生活の中に取り入れ、少しでも近付く努力をします♪

    声を聞いただけでも、本当に愛のある、頭のいい方だと思いました

    色んな方の恵みになる様に、努力してみます♥

  96. 山崎 孝輔 より:

    1:理想のゴールを決めること
    2:優先順位を決めること
    3:一貫性を持つこと

    これらを「ここまでやるのか」という領域まで突き詰めることが出来た人が成功する。逆にそうでなければ成功は掴めない。これまでの学びでそう感じております。

    この3つの指針の大切さを深く理解出来ていると、”「一瞬で手に入る成功」という聖杯を探し回る” こんな行動は取れなくなりますね。先日までの自分がどれだけ「一瞬で手に入る成功」を探し求めていたかと思うと…

    一度立ち止まって空を見上げから、また進み始めます。

  97. YUJI より:

    カフカさん、どうしても言いたいので失礼します。

    「本当にありがとうございます」

    2年前にうつ病を患った僕の頭の中にあった、得体のしれない霧をパーッと晴らしていただいたようです。
    もしかしたらうつ期の前の躁状態なのかもしれませんが、そんなことは大した話ではありません。
    病気になってから初めて体験したこの感覚に出会わせていただいたことに、心から感謝いたします。

  98. kaori2 より:

    お花屋さんになりたい。
    あんな家に住んでみたい。
    猫が飼いたい。
    北海道のラベンダー畑に行きたい。
    赤毛のアンの生まれた所に行ってみたい。
    キャンピングカーで、日本一周したい。
    パソコンが欲しい。。。
    いつから、夢を追わなくなったのだろう。

    お金がないから。
    休みがとれないし。

    カフカさんの今回のお言葉で、他の誰でもない、自分のために、頑張ってみよう!
    もう一度、夢をみよう!
    自分の夢は自分にしかわからない!
    感動して、涙が溢れました。
    ありがとうございます。

  99. サトシ より:

    何度も繰り返し読んで、初めて読まさせていただいたときは思わず涙がこぼれました。
    今更のコメントですがご容赦くださいませ。

    まず一番に感じたことは、
    「カフカさんにもっと昔からお会いしたかった,,,」

    そして、
    「今カフカさんと関わることができる環境に身を置くことが出来て嬉しい」

    とこの記事を読んだときに思いました。

    一貫性、明確なゴールの設定、優先順位の決定。

    全てが言われれば当たり前のように大事だと思えるのに、
    大人になるにつれて見失いがちなものですよね。

    自分が目指すものとは違うハシゴをかけてしまわないように、
    カフカさんのお言葉を胸に今年の活動を設定していきます。

    カフカさんのブログなどのコンテンツは全て学びがあり、
    ストーリーがあって読みやすく、本当に好きです。

    これからも1人のファンとして楽しみにしております。

    これからもよろしくお願いいたします。

  100. そら より:

    カフカさん、いつも為になる記事をありごとうございます!
    まだ何もスタート出来ていない自分にとっては『目標を決める』という所がとても参考になりました(^-^)
    ソフトバンクの孫正義さんも『登る山を決める』ことが大事だと、以前スピーチで言っていたのを見たことがあります。
    私も好きなこと、やりたいことで経済的自由を掴めるように努力していきます!

  101. まき より:

    カフカさん

    とても胸に刺さる記事でした。
    子供の頃に抱いた純粋な夢をいつしか見なくなり、誰かが引いたレールの上で生きていくことが当たり前になってしまっているのは悲しいですよね。何よりも自分が本当に目指したいゴール、夢と真剣に向き合っていくことが、理想のライフスタイルに繋がるんですね。カフカさんの考え方、価値観は共感できるものばかりで、いつも学ばされます。ありがとうございます。

  102. Masafumi Yagyu より:

    僕自身は父が大工さんだったんですけど、両親からは大学に進学するするようにずっと言われてましたので、ちょうど子供の頃にリゲインのコマーシャル(バブル絶頂期)の頃にサラリーマンの事をダイナマンとかスーパーマンのように思ってて、将来の夢はサラリーマンって七夕の短冊に願い事を書いた覚えがあります。その後、サラリーマンになって思ったのは、ただの会社員のことで別にスーパーマンではありませんでした(笑)。むしろ、職人さんの方がカッコいいって今は思っています。とりあえず子供の頃の夢は既に叶ったので、むしろ大人になってから、新たな夢がどんどん出てきて、どんどん実現していって、大人になってから夢を見て実現する面白さを感じるようになりました。大人になったことで、自分の意思で自分が行動するだけできちんと結果に結びつきますから、やればやるほど世界が広がるのが面白いって思いますから。まだまだ発展途上の私ですが、本当に発展途上なので面白い状態ですね。

  103. Chef D より:

    カフカさん
    最初の3行で虜にさせられました。
    大半の方達がそうだと思いますが、私自身、精神的にも経済的にも裕福な生きかたに憧れた一人です。
    カフカさんは人生を満喫されている、 いわば成功者ですから、カフカさんのブログを読むと私も気分が上に向かい、 嬉しくてまた楽しくなります。
    人をいい気分にさせれるなんて、素敵だと思います。

  104. 宮本 浩司 より:

    カフカさんへ

    私は大学生の時は学生生活は楽しくなかったです。

    もちろんたくさんの友人はいたし彼女もいました。
    けど自由すぎて楽しくない。確かに大学1年生の時はたくさん遊んでたくさん勉強もしました。

    けどふと気づくと自分は遊んでばかりいて何してるのだろうもっとやることがあるんじゃないか?
    と試行錯誤考えたが見つからず、友人と遊び勉強して、この先はどうなるんだろう?と考えていました。

    あまりにも大学に行く価値が無く、ひたすら勉強して単位を2年間で取得しました。

    その後はバイトと資格取得の勉強。

    将来何したいかわからず。ただ単に漠然とした日々を送っていき今は普通の会社の営業マンです。

    給料は悪くはないがそんなにすごい良いとは言えない。

    そこでカフカさんのブログを見て私も大学1年生の過去の
    自分に言ってあげたい。

    「もう一歩前を向いて生きて」

    「社会でお金を稼ぐ前に自分の可能性を見出して新しい何かを見つけて」

    「そしたら今の自分をもっと大きく変える未知の人生を体現できるよ」

    こんな風に言ってあげたい。

    夢を持ってもらいたいです。

    カフカさんありがとう。

  105. ゆの より:

    改めてこの記事を読み返して、
    これから進もうとする道に対する自分の姿勢を見つめ直すことを意識し直しています。

    一貫性をもつこと、
    隣の芝生につい意識をとられがちな自分に、よく言い聞かせたい言葉でした!

    本当にいつもためになるお話を届けていただき、
    ありがとうございます!!

  106. shun suke より:

    自分の人生を見つめ直す機会になりました。

    20代は10代が良かったなー。なんて言ってましたが、30代は戻りたいと思っていない事に気付きました!

    1と2を満たし、それを数年間追求する勇気☆
    私は数年後のゴールを追求している途中だったんだ!とカフカさんに教えてもらいました。

    昨日の自分に勝ち続け、過去の自分にアドバイスができる自分になる意識を持っていこうと思います。

    いつも有難うございます。感謝です!

  107. YOH より:

    素敵な文面に時間を忘れて読み入ってしまいました。

    わたしは恥ずかしながら、すぐに向かうべき方向を見失い、隣の芝が青く見えてしまいます。

    わたしは、今の自分に手紙を書いてみようと思います。

    今後も日記を楽しみにしています!

  108. 凌太 より:

    カフカさん、クルーズお楽しみ様でした!

    いやー、なんというか、本当に世界一のブログだと思います。

    一貫性を持つという発信それ自体が、すでに一貫性を持っていますし、このブログのテーマ(刹那的なゴール)でもある、移住を前提としたライフスタイルの構築の真意がわかったような気がします。

    僕にも、友達からの飲み会の誘いなど、第四領域タスクが日々足を引っ張ろうとしてきますが、むしろ近い将来にそれらを優先させたいからこそ、あえて、それらの優先順位を"一時的に"下げるという意識で日々を過ごしていきたいと思います。

    麦わら海賊団がポーネグリフを頼りに、航海するように…

    旅人が北極星を頼りに、歩みを進めるように…

    僕も向かう方向性を決めてから、人生のタスクに取り組んでいきます。

    そうやって、向かう方向性だけ決めて、今をダンスするように生きていれば、いつか必ず目的地に到達できますもんね!

    いつも有難う御座います。

  109. akemi より:

    カフカさんの記事を読むたびに、ブレインを吸収できるありがたさが身にしみます。
    「理想のゴール」
    「優先順位」
    一事業を成しえるためには必ず必要なこと。

    グループの方にだけでなく、
    人生の指標として、子供たちにも改めて教えたいと思いました。

    「その他大勢の流れに逆らって意思決定をすること」は確かに勇気のいることですが、
    人生の岐路に立った時に、人が選ばないほうを選択してきて、
    だからこそこの環境に出会うことができたと確信しています。

    毎回気づきを与えていただき、ほんとにありがとうございます。
    これからもブログ楽しみにしています。

  110. ゆき より:

    一貫性は大切ですよね。
    いかに雑音を減らし(理想としては無くし)、【向かいたい方向】に集中するか。
    私もここに注力していく必要性を感じています。

    そして【向かいたい方向】=自分の中の軸、さえはっきりしていれば、何があっても戻ってこれるものだと感じました。

    優先順位をつけるのが苦手なんですが、【向かいたい方向】をはっきりさせていないからだと、今回の内容に触れて気付きました。
    ありがとうございます。
    まずはそこを固めていかないと、ですね。

  111. shibiya より:

    【自由】という本当の意味はなんなのか。
    何をもって自由というのか。

    時を重ねてるのにも関わらず
    過去の自分よりも満足がいかない生活を送っている矛盾さに気づけるかどうか。

    毎日を当たり前に過ごすのではなく
    毎日が変化する日々を、
    変化させれるキッカケをつくれる日々にしたいと感じます。

    そんなキッカケの1つが
    カフカさんのブログだという事を再認識しました。

    【空に浮かぶ雲】のように
    毎日形を変えて、風に流れたい時は風に流され
    常にそこに留まることない生活を送っていこうと思いました。

    そんな
    流されても良いと思える【風】のようなブログを
    また楽しみにしています。

  112. 弥生 より:

    初めまして、こんにちは。
    私は今日誕生日だったのですが、以前何かでカフカさんのこのブログに辿り着き、その時おそらくメルマガに登録をし、そしてそんな事をすっかり忘れていた今日。。。。メルマガから今日のこの記事を読む事が出来、思いがけなく誕生日プレゼントを頂いた気持ちで嬉しい日となりました。
    幸いな事に今日は時間を作っていたので、ブログの最初からここまでを全て読み終える事も出来、そしてこのコメントを書いています。
    まだ今は「知った」所で、これをどう自分の日常と入れ替えていくか。。。やる事がたくさん見えてきました。
    とにかく、1番伝えたい事は、書いてくださってありがとうという事です。

  113. jonasan より:

    一貫性が大事ですね。
    それをしづらくしているのは
    雑音の多い世の中。でしょう。
    私はテレビをながら見することをやめました。
    最近はスイッチを入れることすらありません。
    脳がスッキリします。
    シンプルに目標に向かいたいから。

  114. tak より:

    カフカさん、いつも楽しくブログ拝見しています。
    僕を取り巻く方達ともよくカフカさんの話題になるのですが、
    色々な方から「このブログは本当に面白いし、すごい!」と、定評いただいており、
    私も僭越ながら誇らしく思っております!

    PTとしての生き方,3つの主軸、周りと逆らって生きる勇気、ユニークであること、
    本当に勉強になります!
    今後ととも、よろしくお願いします!

  115. HAJIME より:

    素敵な記事をいつも、ありがとうございます。

    カフカさんのおかげで、理想のライフスタイルを追求する勇気が持てました。

    これまで、理想のライフスタイルをぼんやりと想ってはいても今ひとつ鮮明さにかけ、それ故に優先順位も一貫性も定まってこなかった原因の一つに、理想のライフスタイルを送っている人を現実の中で見てこなかったことがあると思います。本当に会っていなかったのか、私が見過ごしていただけはわかりません。

    けれども、今はもうカフカさんという先輩を知っています。実際に、理想のライフスタイルを追求するカフカさんに出会えたので、心の底から、自然に勇気が湧いてきました。

    その上、カフカさんからは本を読むことの重要性も教えていただき、精読をする中で世界をより緻密に見られるようになってきました。ゴールを描く能力自体も洗練されてきたように思います。

    理想のライフスタイルを実現することを、やればできる、と思えるので、生きることへのモチベーションは上がり続けています。

    成長し続けていく勇気。
    年齢を重ねることを楽しむ勇気。

    勇気をもつきっかけを与えて下さり、本当にありがとうございます。

  116. Yusuke より:

    日々の仕事に忙殺されているさなか、吸い込まれるように何度も熟読し、

    ノートにも書き起こしました。

    もういい大人なのですが、少年のように、

    カフカさんみたいな「夢を語り、実現していく大人」になりたいと思いました。

    素敵な贈り物をいつもありがとうございます。

  117. atsushi より:

    カフカさんの素敵な記事を読むと、

    いつも読み入って優しく包み込むように魅せられています。ありがとうございます。

    自分も学生時代に戻りたいとか思ったり、
    心が揺さぶられる時があります。

    迷ったら空を見て北を目指せばいいんだ
    目的を胸に定めて北極星を目指して進んで行きます。

    ありがとうございました。
    次回も楽しみに待ってます。

  118. MASAHIRO より:

    半年前にネット上でカフカさんの事を初めて知りました。

    カフカさんが発信される情報に衝撃を受け、

    今まで自分で蓋をしていた夢や可能性を信じられるようになりました。

    そして、今回の記事もとても心に響き、夜中に一人で高揚感を抑えられずにいます。

    「いつか自分も、大学時代の自分にこのような手紙を書きたい!」

    そう強く思いました!!

    今、自分が見つめている北極星に向かって今後も突き進んでいきたいと思います。

    オンライン上ではありますが、カフカさんに出会えて本当に良かったと思っています。

    胸を張って実際にお会いできる自分でいれるように、

    毎日を大切に、がむしゃらに突っ走っていきたいと思います。

    素敵な記事を読ませて頂きありがとうございました!

  119. Yukiko より:

    いつものごとく、カフカワールドへ引き込まれました。

    カフカさんの巧みな言葉から、いつも私の脳裏に映像が浮かんできて、
    映画の主人公になった気分でワクワクドキドキな非日常的な世界へショートトリップしています。

    でも、ブログを読み終えると現実に戻され、はぁ~と、ため息をつく私もいます。

    よし、ため息つかなくていいように、非日常的な世界を当たり前の「日常」に変えればいいんですよね!

    一日でも早く、「予定に予算を合わせ、予定に休暇を合わせる」生活にシフトして、

    「大人になる楽しさ、歳を重ねる楽しさ」を味わっていきたいと、強く思いました。

    ありがとうございました。

  120. yonn より:

    永久保存版です、ありがとうございます!

    仰る通り、船を漕ぎ始める前に船を進める方向を決めないと、目的地にはたどり着きませんね…

    そして「断る勇気」、これがなかなか難しい〜
    だけどいつまでもぐるぐる同じ所を回るのは嫌です!
    とても心が揺さぶられる記事、どうもありがとうございました!

  121. hitomi より:

    いつもカフカさんのblogには引き込まれます。
    学生の頃は楽しかったなと思う時が確かにあるかもしれません。
    昔の自分が羨むような、将来が楽しみになるような自分になりたいと心の底から思いました。
    どんな自分になりたいか、なれるのかは自分次第なので、自分で自分の理想の道を決めて、進んでいきたいと思います。
    また次の更新を楽しみにしています。

  122. TAMARU より:

    こんにちは。
    読んでいて思う事は、
    人の人生は、常に選択し、選択した先の人生を歩む。
    そして、人は頭に描いた方向へ引き寄せられるように行動してしまう。

    振り返れば、人生の転機は幾つかあったはず、でも選べなかった事が
    今の現実に繋がっている。

    何を求め、何を成し遂げたいのか。
    その答えが、本当に求め進める自分の方向性なのに、
    できない理由を考えては、その方向への歩みを止めて望まない道へ進み、
    人生の輝きを過去に求め、今を輝かしいものに変えられない人達に囲まれていた。

    ある日テレビに映っている輝かしい人生を歩んでいる人を見て
    「憧れるが、そんな人生を歩めるのは、稀な人」だと遠くに見ている隣人の言葉に、
    この人がどんな困難な事にあったとしても、歩みを止めず
    一歩一歩積み重ねた結果がそこに映っている事に気付かないのを
    いつも不自然に思えていた。

    周り道をしても良いし、立ち止まっても良い。
    でも、成りたい者への方向は常に見定めて進む。
    そして、どんな時でも貪欲であれ。
    人は、一つの知では満足できない。知ったら、次を欲する。
    知れば知るほど、分岐と連鎖を繰り返し、
    その繰り返しを行動と成果で達成させて、更なる進化を求める。

    どこかで聞いた話で、進化とは、強いものが生き残っていく事ではなく、
    その環境の変化に順応したものが進化し、生き残れるのだと。

    私は、変化を恐れない。変化を受け入れ進化する。
    カフカさんのブログを読んで、決意しました。
    ありがとうございます。

  123. Miho より:

    ラム好きとして、なんとも羨ましいに限る経験をされて…うらやましぃ(しか言葉にできない)

    体を冷やしてくれるから、南国には色とりどりのフルーツが多い
    体を温めてくれるから、冬には大根などの地下で育つ野菜が美味しい
    土地に合ったものをその土地で楽しむのが一番良い

    そうなると、雰囲気だけでなく、本場・カリブでラムを味わうのが一番うまい飲み方なんだろうなぁ。
    ラム好きとして、バーテンダーとして、本場の食材でピニャコラーダを作る夢が1つ増えました!

  124. snowriver より:

    「迷ったら北を目指せばいいんだ」

    今までの私は、評価を気にするばかり、周りに振り回されてばかりいた気がします。

    カフカさんのブログを読むたびに、「自分」と向き合っています。

    理想のゴールを決めること、これが自分の人生を生きることなんですね。

    これからもブログ、楽しみにしています。

  125. 徹也 より:

    カフカさんのブログ本当に楽しくて暗記してしまうくらい何度も読んでます!
    これから不安な生活を送る予定でいますが、そんな時こそ北極星を目指して頑張って行きます!
    クルーズ旅行記やこれからのブログも楽しみにしています!

  126. Teson より:

    カフカさん、素敵な記事、ありがとうございます。

    北極星ですか。カフカさんの文章には、いつもワクワクが止まりません。

    日々の緊急なこと、雑音、仕事に惑わされて、どうしても周りを見失ってしまうこともありますよね。

    教えて頂いた、『北極星』に向けて一貫性をもって取り組んでいきたいと思います!

  127. takayukiyamano より:

    いつも素晴らしい内容のブログつい見入ってしまいますね。迷ったら北を目指せばいいんだ
    ここさえぶれなければ必ず目的地にたどり着けますよね。
    クルーズ旅行記楽しみにしています。
    記事シェアさせて下さいね。
    いつかお会いできる日を楽しみにしています。

  128. より:

    カフカさんの文章いつも素敵で楽しく拝読しています。
    目標設定したものは時間がかかったとしてもきちんと叶っていくことを体験しています。大きな夢を見ることを忘れないようにしなきゃと再確認しました!
    記事シェアさせて頂きます

  129. Tomoko より:

    謙虚でありながらも優美な表現に毎回魅せられています。もちろん、カフカさんのライフスタイルに一番魅せられている私です。

    カフカさんを目指す、っていうのはおこがましいですが憧れの人です。いつもブログ楽しみにしています。

  130. Was-slave-of-Lavista より:

    「大学一年生の君へ」

    まるで私に訴えかけられているようで思わず鳥肌が立ちました。

    自由を求めて1年半前に旅にでたものの、自分にはできないことが多すぎて、自分だけどんどん置いて行かれているよで焦燥感に駆られていました。

    「本当に自分は正しいことをしているのだろうか」
    「自分にはできないのではないだろうか」

    駅のホームを流れていく黒スーツの波にもまれながら、疲れ切って電車で寝過ごすサラリーマンを横目に、どちらの人生にも何となく違和感を感じていました。

    奴隷のような会社員には戻りたくないけれど、
    自分が目指したい道は、果たして何だろう?…と。

    しかし、この手紙を読んで「呑気に昼寝をしている暇はないけれど、決して焦る必要はない」ということを改めて実感しました。
    カフカさんをふくめ、周りで理想的な人生を送っている人生の先輩たちは5年も10年も私の先を歩いているのだから、5年後、10年後の自分が今の彼らの前で堂々と胸を張って渡り歩けるような自分になっていればそれで良いのだと。

    日々淡々と流れていく日常の中で、「長期的な視点で物事を考える」ということをすっかり忘れてしまっていました。

    ブログを読んで、思い出させていただきました。ありがとうございます。

    また次回の記事も楽しみにしております。

  131. モカさん より:

    また、カフカさんの素敵な文章に心躍らせて頂きました。
    「若い時はよかった」こんな言葉を聞く機会ってすごく多いですよね。
    カフカさんが違和感と感じていた時期に私も「子供の頃の夢を叶えてる大人は、そう多くはいない。」と認識していましたし、私は絶対「夢を叶えてるやるぞ」と意気込んでいた頃でした。
    「いつか…いつか…」と思いながら10年、20年なんてあっという間に過ぎていくものです。

    “学生の私に送るメッセージ”に私が忘れずに付け加えたいことは、
    「いつかあなたは、とっても素敵な文章を描く男性に出会えるよ。その文章を読んであなたは沢山勉強をし、そこでは、多くの学びを得られます。そしてあなたの世界観にそっとパワーを与えてくれますよ。だからその日を楽しみにしていてね」

    今後のご活躍、記事、とても楽しみにしています。
    ありがとうございました。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください